FC2ブログ
[それは「落描き」のようなもの]
約10年前に連載されていたマンガ

「ぼくらの」

を久しぶりに読みました。


この作品は巨大ロボットに少年少女が乗り込んで戦うSFもの、

のフリをした別物のマンガです


唐突に訪れる理不尽、

悩み苦しみ、なんとかそれぞれの答えを出していく少年少女の姿は

いろんなことを考えさせられます


特に個人的にこのマンガを通じて考えさせられることは、
「想像力をもつ」ということ。

生きること、死ぬこと

自分のやりたいこと

自分を取り巻く人々のこと

そして、その人々の背景
どんな生活をしているか、どんな家族がいるのか

日々の生活で、ついつい忘れがちになるそれらのことについて
ふと立ち止まって「考える」ことの大事さ

それを教えてくれる名作です。

おすすめ!
スポンサーサイト



どうも雨嫌いなのに雨男のdeviです
ブラジルの私の住む地域は連日大雨でうんざりな今日この頃です

ということで、今日は雨にまつわる話を

晴れているのに雨が降る、いわゆる「天気雨」という現象

これを日本では「狐の嫁入り」と言ったりしますよね。

今日、その話をブラジル人にしたところ、
なんとブラジルでもまったく同じように言うそうです!

それがタイトルの“Casamento da raposa

直訳すると「狐の結婚」

まんまですね。


なんぜ?と思い、調べてみると、

ブラジルだけでなく他の国々でも似たように言うそうです
代表的なところでは、イギリスやイタリアの一部地域で同じく狐が結婚するそうです

また派生形として、
南アフリカでは猿が結婚し、ブルガリアでは熊、韓国に至っては虎が結婚するとか


こんなに世界中に似たような言葉があるということは、とても有名なエピソードでもあるのでは!?
と思いましたが、その由来はわかっていない、らしい


謎は深まるばかり…

ONE PIECE世界では有名な「悪魔の実」

希少なはずが次から次に実食者が現れ、果ては図鑑の存在や人造悪魔の実など、、、
もはや本当に1個1億ベリーもするのかはなはだ怪しいところですが…


そんな悪魔の実が、実は現実世界のブラジルにも存在します

それがこちら↓











mig.jpg



なんというおどろおどろしさ!!

正に “悪 魔 の 実” という見た目!!



この実の正体は、

ブラジルの国民的飲料、そして日本では北海道民のソウルドリンクである

ガラナ」の原料です


飲料が局地的に有名なガラナですが、その原料がこんな魔界植物みたいなビジュアルということは
あまり知られていないのではないでしょうか

あまりの見た目のおどろおどろさに、ブラジルでは
ある夫婦が息子を亡くした際に、神のお告げを受けて息子の目を埋めたら
そこから生えてきたという伝承があるそうです(詳細は諸説あり)

息子の目だけ埋めるなんて、ちょっと正気の沙汰とは思えないですが、
このビジュアルを見れば、そう考えたくなる気持ちもわかります


ただ、このガラナには様々な効能があると言われています
特に黒目の部分、もとい種子の部分に有効成分が多く含まれているとか…

中でも代表的なものが「ガラニン」という成分
これはカフェインの一種ですが、カフェインよりも吸収がゆっくりなので、
体への負担が少ない+穏やかな覚醒作用が続くんだとか
更に、強壮効果、疲労回復、鎮痛、解熱などいいことづくめな効能もあります

原料の見た目はあれだけど、素晴らしきエナジードリンク・ガラナ
ガラナパワーで5月病も乗り切りたいと思います!



「5月病」
今春に生活環境が大きく変化した者の中で、新しい生活や環境に適応できないまま、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出す、長い休みの影響で学校や職場への行く気を削ぐなどの要因から、ゴールデンウィーク明け頃から理由不明確な体や心の不調に陥る、というものがある。
(以上Wikipedia 一部抜粋)

え?特に4月に環境変化もなかったし、GWも無縁のブラジルには5月病なんてないって??



………

せっかくいいオチつけたと思ったのに…
J.D.Salingerの「The Catcher in the Rye/村上春樹訳」を読みました

言わずと知れた有名作ですが、今回が初読
読むきっかけは今年が著者の生誕100周年だとかそのあたりです

この作品は、すごく簡潔に書くと、
16歳の主人公ホールデンが高校を追い出され、ニューヨークの街を彷徨い、そして実家に戻るまでの物語
それがホールデン目線で書かれています。

この小説の魅力は、ホールデンの人間臭さだろうと思います

とにかくこのホールデンはひねくれている
世間や大人を信用していないし、変に見下したりもしている
それでも人とつながりたくて友人や元カノを呼び出しては、結局ケンカ別れしたり、
酒やタバコに手をだし、果ては女も買うけれど最後までできなかったり、
悩み葛藤する16歳が確かにそこにいて、
読んでいくうちに、彼のそんな人間臭さがなんだか愛せるようになってきます


「The Catcher in the Rye」とは結局何か?

このタイトルの「The Catcher in the Rye」は、作中のある台詞に由来します
大好きな妹フィービーに、「けっきょく、世の中のすべてが気に入らないのよ」と指摘され、
「将来何になりたいか」を聞かれたときのホールデンの答えが以下のようなもの。

「でもとにかくさ、だだっぴろいライ麦畑みたいなところで、小さな子どもたちがいっぱい集まって何かのゲームをしているところを、僕はいつも思い浮かべちまうんだ。何千人もの子どもたちがいるんだけれど、他には誰もいない。つまりちゃんとした大人みたいなのは一人もいないんだよ。僕のほかにはね。それで僕はそのへんのクレイジーな崖っぷちに立っているわけさ。で、僕がそこで何をするかっていうとさ、誰かがその崖から落ちそうになる子どもがいると、かたっぱしからつかまえるんだよ。つまりさ、よく前を見ないで崖の方に走っていく子どもなんかがいたら、どっからともなく現れて、その子をさっとキャッチするんだ。そういうのを朝から晩までずっとやっている。ライ麦畑のキャッチャー、僕はただそういうものになりたいんだ。たしかにかなりへんてこだとは思うけど、僕が心からなりたいと思うのはそれくらいだよ。かなりへんてこだとはわかっているんだけどね」

一読しただけではさっぱりだったので、ネットにあがっている説明を読んでみました

その中で一番ピンと来たのは、これはホールデンの願望を表している、というものです。

ライ麦畑とは社会を意味し、崖から落ちそうな子供とは社会にうまく適合できない人を表している
それは今まさに彼がおかれている状況とも言えます
彼はそういう人を捕まえたい(救いたい)と言っていますが、それは誰かに自分を捕まえて(救って)ほしがっている
という解釈です。

その考えでいくと野崎孝さんの「ライ麦畑でつかまえて」という邦訳も嗚呼なるほどと思わされますね


愛すべき愛されるべきホールデン、彼が彷徨ったNYに一度行ってみたいなぁと思う今日この頃です
令和はじまりましたね!
ブラジルにいるとまったく実感ないですけど…
(一応こっちでもニュースでやっていました)


さて、実感のない話はそのくらいにして、
ポケモンGoの進捗についてです。

前回の記事以降、新しく捕まえたのが、

・リザードン
・チリーン
・ラムパルド
・トリデプス

これ全てたまごの成果です。

特にチリーンに関しては
イースターイベントの際に、リーシャンが2㎞卵から2匹孵りまして、
飴もたまったし、3匹もいれば1匹くらい進化させてもいいかということで、進化させました。

ラムパルド、トリデプスもズガイドス、タテトプスが10㎞卵からポン、ポン、ポーンと孵って、
飴も軽く50超えてましたので、進化、進化ーとやったりました。

これで現在の捕まえた数は440匹

目標の450匹まであと10匹ですね!


残るポケモンは以下の通り

・バリヤード(地域限定)
・アンノーン(イベント限定)
・バンギラス
・ヌケニン(時期限定)
・コータス(地域限定)
・ジーランス(地域限定)
・ビークイン
・パチリス(地域限定)
・ミカルゲ(時期限定)
・マスキッパ(地域限定)
・ベロベルト
・グライオン
・エルレイド
・メルメタル(要ピカブイ連携)


これからの狙い目ですが、

まずはグライオンエルレイド

こちら2匹は既に進化に必要な飴は確保済みです。

足りないのは、そう、「シンオウの石」

何を隠そう、わたくし最近は完全にシンオウの石難民なのです。
意地悪なリーダーどもが、いくらバトルで負かしても、砂ばかり寄越してきやがって一向に石を出しやがりません。
なんたる仕打ち!いい加減にしろ、スパーク(名指し)

とはいえ、確率はそう悪くないので、早晩Getできるでしょう。
そういう意味で一番入手しやすいポケモンたちと言えます。


次の狙い目はバンギラス

サナギラスからの進化に必要な飴が100、それに対し現在の飴所持数が46
野生での出現は期待できないので、10㎞たまごを割るのみです


更にもう一つの狙い目はビークイン

こちらも飴はほぼたまっているのですが、何故かボックスにいるのはすべてオス
メスが欲しいとこですが、こいつも野生ではほぼほぼ見かけない
5㎞たまごから出るようになったので、それに期待でしょうか


あとは、ほぼ限定ばかりですので
旅行の計画でも考えるほかないですね。。


そんなところに朗報が!

①大発見にラテイオス、ラティアス

何度も言いますが私の住んでいる地域はレイドに人が集まらないので、当然どちらも持っていません。
が、大発見となれば、孤独トレーナーにもチャンスありです。
この機会にぜひ両方ともゲットしたいですね!

②新ポケモン実装?


どうやらUMA3種(ユクシー、エムリット、アグノム)が実装されたとか。
地域によって出現するものが異なり、南米はアグノムが出るかも、とのこと
とはいえ、出現確率は相当低いようなので、出会えれば相当ラッキーという感じです

更にカラナクシ2種も実装されたとか
これも出現確率は低そう、、、

このあたりは頑張りようがないので、まあ気に留めておく程度でしょうか。。


そろそろ新種も捕まえづらくなってきましたが、地道に頑張っていきたいと思います